アクセシビリティ・アシスタンス

サイトを作成する上で、デザインを重視することはもちろん大切な事ですが、
テキストと背景色の組み合わせが悪い場合は、読んで欲しい文章が
分かりにくくなり、結果として「読みづらい」→「読んでもらえない」という事にならないようにも考えています。

それで富士通アクセシビリティ・アシスタンスというツールをダウンロードしてみました。

WebInspector ColorSelectorColorDoctorという三つのツールなのですが、
それぞれ、高齢者や視覚に障害のある方にも読みやすいかを診断する、アクセシビリティの高い背景色と文字色の組み合わせをリアルタイムに確認することができる、
仕事や生活の中で利用するウェブサイトや動画、プレゼンテーション資料で色のアクセシビリティをチェックするというものです。

普段自分で見ているものが視覚に障害のある方には「こんな風に見えるのか・・」という事が分かり、勉強になります。
誰にでも優しいWEBサイトを作れるよう、心がけていかなければ・・

関連記事

  1. アクセシビリティツールバー

  2. YouTube以外で動画をホームページに埋め込む方法|ムービーアップロ…

  3. 写真を元に手軽なイラストを作成

  4. スクリーンを対象としたスポイトツール「Color Picker」

  5. WEBサイトの構造を一気に書き出ししてくれるツール

  6. Googleパーソナライズド