カテゴリごとに違うsingle.phpで出力したい|Twenty系のカスタマイズ

Twenty系を使っているとどんどん複雑なPHPだらけで、コードを忘れてしまうので、備忘録。
カテゴリごとに個別ページは違うフォーマットで出力したいことなんてよくあること。
井尼mではsingle.phpを分けるだけでよかったのだけど、Twenty twelveからはsingle.phpにさらにcontent.phpが加わって、single.phpを分岐するだけでは収まらなくなった。
そこでcontent.phpを分岐させることにした。
single.phpの中身を以下の部分に変更。
これがなかなかうまくいかなかったので、メモしておきます。
それぞれcontent.phpはcontent-5.phpなどとカテゴリIDを後ろにつけてリネームするだけ。
もともとのsingle.phpに以下の記述を加えてカテゴリスラッグごとに分岐することにしました。

[html]<?php
if (in_category(スラッグ名)) {

get_template_part( ‘content’, ‘6’ );

}
elseif (in_category(スラッグ名)){
get_template_part(‘content’ ,’5′);
}
elseif (in_category(スラッグ名)){
get_template_part(‘content’ ,’7′);
}
else {
/* 他のカテゴリの投稿 */
get_template_part( ‘content’ );
}
?>[/html]

関連記事

  1. WordPressカスタマイズに絶対必要なプラグイン集2012

  2. WordPressテンプレート内でショートコードを使いたい時のタグ

  3. 【制作実績】めぐみケアタクシー様のサイトを制作しました

  4. WordPressってなに?

  5. WordPressをスマホで投稿できるアプリ

  6. 「Salon Hana」様リニューアルしました